車の買取ではパーツをつけたままの方が得なのか?それとも

事情があり車を買い替えることになりました。なるべく高く買取ってもらいたいので、下取りでなく自動車の買い取り専門店に売ろうと思うのですが、カー・オーディオのパーツを自分で後から購入して取り付けたものがけっこうあります。純正パーツ以外の部品取り付けは査定にどう影響しますか?取り付けた物を全部外して純正状態に戻し、パーツはパーツだけで別に売るのとどっちが損しなくて済むんでしょうか?

装備品は買取査定の上で、あまり重要な要素ではありません。車種・年式・走行距離が査定の重要な要素になっていますから、お金をかけて買った装備品につく査定価格は気持ち程度と考えた方が良いでしょう。

車の査定要素は大まかに2種類に分かれています。車種や年式という要素は、売主側ではどうにも出来ない要素です。

売りたい車が人気車種ですと、買取る側も短時間で高値で売れるため高く買取る確率は高いです。ところが不人気車種になると、買取価格そのものが低く設定されてしまいます。

低年式となれば当然ですが、古くなればなるほど下がってしまいます。

次に走行距離やキズ、修理の履歴です。これは所有していた側の都合で発生する要素です。

走行距離が少なく傷も事故履歴もなければベストですが、そういう人の方が少ないと思います。

もし事故歴などの修復歴があれば、買取の際に申告しないとそれはそれで問題にもなりますから正直に伝えるべきでしょう。

この2つが車を買取る上で重要な要素です。

せっかく高いお金を払って購入したパーツは、査定要素の中であまり重要視されていないのです。手間かもしれませんが、せっかく買ったパーツでしょうし、純正に戻してパーツだけ別の売却方法を考えた方が良いかもしれません。

関連ページ

車買取サイトと個人情報
高く買取ってくれる車買取業者は?
最も高く買取ってくれる買取業者はどこ?
車買取査定の仕組みとは